季節でトランクルームを使い分ける

トランクルームは荷物の取り出しやすさが大事

いつでも取り出しができるところが便利

トランクルームには荷物を預けられます。
自宅に荷物を置いている時は、もちろんいつでも取り出せます。
自宅内は自由に照明などをつけられますし、入室制限がかかるなどはありません。
しかし、外部のサービスを利用するとなると、それぞれのサービスの制限内での利用になります。
夜間に利用できないところなどもあるかもしれません。
あるところであれば、夜間も利用しやすいように照明がきちんと完備されています。
ですから、急に必要になって荷物を取りに行くときでも、特に心配することなく取り出せます。
もちろん収納に行くときにも照明を使えます。


トランクルームは、効率的に物を置けるスペースを提供してくれています。
人が住むのを前提にはしていないので、必ずしも荷物の出し入れがいつでもしやすいわけではありません。
屋外のタイプだと設備が2階建てのタイプがあり、2階部分に荷物を入れる時に少し大変な時があります。
はしごやステップなどを利用しなければならず、1階部分に比べると利用しにくく感じる時があります。
複数階あるサービスは結構ありますが、階段がきちんとつけられているかどうかで利用のしやすさが大きく変わります。
階段があれば、容易に荷物の出し入れができます。

屋外タイプだと雨や風が入りそうで心配

住宅には屋根や壁があります。
雨が降ったとしても、屋根などがあるので通常は入り込みません。
風も同様です。
しかしすべての風雨が防げるわけではなく、部分的に隙間風が入ったり、雨水がしみ出したりがあります。
トランクルームを利用するときに、屋外タイプだと風雨にさらされています。
雨や風などが入るのではないかと心配になる人もいるでしょう。
業者によってタイプは異なりますが、風雨が入らない設計になっているので、基本的には雨風の影響はありません。
ただ、温度や湿度の影響はそれなりに受けるので、湿気に弱いものなどは注意しないといけません。


自宅にある荷物を外部に預けるサービスとしてトランクルームがあります。
小さい荷物を預けるなら、徒歩などでも預けたり取りに来たりができます。
しかし、大きな荷物となると車などを利用して持ってきます。
屋内タイプだと利用するところまで車が入れられないので、駐車場などで一旦台車に載せ替え、それぞれの利用スペースに持って行きます。
結構面倒です。
屋外タイプはどうかですが、車を横付けできるところがあるのでかなり便利です。
扉と自動車の距離を近づければ、より中に荷物を入れやすくなります。
取り出すときも、すぐに車に積み込めます。

人気記事ランキング